トップ

フリースタイル アット ニューヨーク - マンハッタンから生の現地情報をお届け!


どうもありがとうございました♪
by koolseigo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Los Angeles, CA : 映画の都とテーマ・パークを遊びつくせ!
b0048976_372592.jpg前回に引き続き、西海岸バケーションのレポート第4弾。今回でこのレポートは終わり。
LAではハリウッドを観光し、ディズニー・ランドとユニバーサル・スタジオの原点で遊び倒すのが目的。
ラスベガスを発ち、一路ロサンゼルスへと向かいます。





1. ハリウッド&ハイランドはお祭り騒ぎ!

b0048976_38272.jpgb0048976_38375.jpg相変わらず何も無い砂漠がずらずらと続き、やがて少しずつ民家が現れる。
どの辺が文明と自然の境目か確かめてやろうと思っていたけれど、気がついたら既にLA上空。

b0048976_39067.jpgb0048976_391017.jpg約1時間のフライトでロサンゼルス国際空港へ到着。
バゲージ・クレームで荷物をピックアップし、外へ出ると・・・おおっ!寒い・・・
寒いというのは言いすぎだけど、ラスベガスの灼熱地獄に比べたらやっぱり涼しすぎる。1時間しか飛んでないのに・・・恐るべしアメリカ。

b0048976_394481.jpgb0048976_3104533.jpg車に乗って今回の根城、ルネッサンス・ハリウッドを目指す。

b0048976_3111568.jpgルネッサンス・ハリウッドはマリオット系のホテルで2004年に完全にリノベーションを終え、全く新しいホテルとしてハリウッド&ハイランドという複合施設エリアに誕生した。

b0048976_3132919.jpgb0048976_3133765.jpgコダック・シアター、チャイニーズ・シアター、ウオーク・オブ・フェイムは併設されていて、界隈もとても賑やか。
リノベーションされたて、ということもあってとても綺麗。コンセプトはよく分からないけれど、ヨーロピアン基調の内装・家具。
部屋も申し分なく、エクストラベッドを無料で入れてくれた。

b0048976_3143349.jpgクリックで画像を拡大表示します♪♪→
そして最大の目玉(?)は部屋から例の「HOLLYWOOD」が見えるということ!
これを観ると「おおーLAに来たなあ」という感じがする。
早速界隈をうろつく事にする。

b0048976_317918.jpgb0048976_3171996.jpgハリウッド&ハイランドにはシアター、ショップ、レストランがたくさん入っていて、毎日多くの観光客で賑わっている。

b0048976_3175093.jpgb0048976_317597.jpgそして狙っていたわけでもなんでもないのだが、たまたまミュージック・アワード2005の当日だったらしく、コダック・シアターはものすごい人だかり。

b0048976_3191086.jpgリムジンを横付けにし、有名人(というか歌手?)がたくさん出てくる・・・しかーし!koolseigoは最近の音楽事情に疎くなってしまっていて、写真を撮るも誰だかわからない。
ここに一応、きちんと「誰」かわかりそうな写真を載せてみた。

b0048976_3194666.jpgだれなんだー

b0048976_320738.jpg誰なんだー

b0048976_3202189.jpgダレナンダー

b0048976_323214.jpgお分かりの方は是非コメントしてみてください。
もれなくソース画像ファイルを差し上げます。って要らないか。

b0048976_3233137.jpgb0048976_323426.jpgクリックで画像を拡大表示します♪♪→
ウオーク・オブ・フェイムでは大好きなスター・ウオーズのC3POやR2D2の足跡を見つけることもできた。
ハリソン・フォードも。で、でかい・・・

b0048976_3255566.jpg夕焼けに染まったこの界隈の風景。

b0048976_326541.jpgクリックで画像を拡大表示します♪♪→
ハリウッドの街並み。
なんとなく時代を感じるけれど、未だに一都市であり、また映画の都でもあるんだよなあ。

b0048976_3264128.jpgb0048976_3265069.jpgチャイニーズ・シアター近辺には「怪しい悪魔」が存在するので、チップを払って写真を撮ってみよう!

b0048976_3274855.jpg夜は家族のリクエストからしゃぶしゃぶを食べに、Koji's Sushi & Shabu Shabu Restaurantへ。
神戸ビーフとプライム・リブのしゃぶしゃぶをいただく。うーん、美味。
しかし日本で見られるような「おかわり肉」は存在しないようで、ぜーんぶセットになってしまう。
つまり肉を頼むと、勝手にごはんやら野菜やらがくっついてくる。うーん。
旨かったけど、高かったなあ。


2. いざディズニー・ランドへ!

b0048976_3282558.jpg←クリックで画像を拡大表示します♪♪
今回の旅行、雨知らずでとにかく快晴が続く。

b0048976_3292572.jpgb0048976_3293411.jpg子供たちには待ち遠しかったディズニーランドへ行く。
今年50周年のディズニーはなかなか気合が入っていて、お城にあらゆるデコレーションが施され、華やかになってる!ディズニー・ファンにはたまらないんだろうな。
ところで知らなかったのだけれど、アナハイムの元祖ディズニー・ランドはシンデレラ城ではなく、眠れる森の美女の城なんだねー。背はそれほど高くない。だけどゴールドと青とピンクの装飾がゴージャス!
ハイライトしたいのはリノベーションされたスペース・マウンテン!
ついにあの人気アトラクションが生まれ変わった模様。
どんな風に変わったかは・・・どうぞ体験ください。星空が素敵です。
個人的にはスター・ツアーズのプログラムをそろそろ入れ替えてもらいたい。アノ手のライドは大好きなので、EpisodeI-IIIあたりに基づいてやってくれないかなあ。

b0048976_3362147.jpgb0048976_3363116.jpgそしてもう一つ家族全員、同意権だったのは白雪姫のショー。
こちらは30分ですがブロードウエイ並み!素晴らしいので是非開園30分前に並んで、前列の席をゲットしましょう。

b0048976_3373065.jpg伝統的なディズニーのパレードもばっちり観られて、締めくくりはファンタズミック!
湖のほとりで行われる最大のショーだけど、意外と席が取りやすい。場所を確認して、軽い夕食をつまみながら待っていればディズニー・オールスター出演の幻想的なショーが始まる。


3. 元祖ユニバーサル・スタジオ!

朝ごはんはホテルのプランに含まれていた。
立地的にはビジネス目的の客も多いようだけど、家族連れにもぴったりのバフェが用意されている。
カリフォルニアだけに、さすがにオレンジ・ジュースが旨い。作ってもらうオムレツもよかった。
腹いっぱいになったところで丘のむこうにあるユニバーサル・スタジオへ。

b0048976_3375785.jpgディズニーのあるアナハイムはちょっと時間がかかるが、こちらは車で15分程度。ホテルからとても近い。
アサイチ選んだのは何故かホラー系、「ヴァン・ヘルシング」のアトラクション。要はお化け屋敷だけど、長女に嫌われそうになるくらいキモい。ファシリティーは大したことはないくせに、本物の人間が突然現れるのでそっちに驚く。
日本でお化けや敷き慣れしてる人には物足りないかもね。

b0048976_3382691.jpgb0048976_3383571.jpgとてもオススメなのがスタジオ・バックステージ・ツアー。日本語のツアーもあるようだ。
タイトルのとおりシャトルで様々なセットや舞台裏を巡るのだけれど、なかなか面白い。
ネタバレになるといけないので多くは喋らないが、手が込んでいる。

b0048976_338498.jpgb0048976_3385991.jpgクリックで画像を拡大表示します♪♪→
キング・コングに出会える確率100%、座席は前方3番目~5番目、右側にお座りください。
「宇宙戦争」のセットに驚愕!本物のボーイング(中古)を購入し、切断したそうだ。写真を撮って見てみると、本物のよう。

b0048976_3392382.jpgb0048976_3394280.jpgクリックで画像を拡大表示します♪♪→
そして「水をかけられるのが大好き」なアメリカ人たちに大受けするのは「ウオーター・ワールド」。
ショー自体はなんてことはないけど、とにかく水しぶきがすごい。濡れたくない方はGet Wetゾーン外の席を要確保。
ショーが始まる前から楽しいので、早めに行けるといいかもしれない。
子連れにありがたいのはNickのテーマ・プレイグラウンド。
夏場は外で水の掛け合いができるパークなので水着持参は必須。
そして全天候型の屋内ボール・プレイ・ハウスにはゴム・ボールが鬼のように散らばっており、バキュームで吸わせてバズーカで発射するものなど好奇心をぐっとつかむ遊戯でいっぱい。
お父さん、お母さんは休めるのか・・・と思いきや一緒に遊びたくなってしまうこと必至!
一日あれば十分のパーク。アトラクションも待ち時間なしで乗られるものが殆どなので、ディズニーよりも疲れない。


4. ニューヨークへ帰ろう!

b0048976_341472.jpgb0048976_3415677.jpg楽しく遊んだらいよいよ帰路につく。
LAから乗ったアメリカン航空はJFKを目指し、大陸を横断する。
このフライトでは3クラス設定で、利用したファーストクラスではDVDの貸し出しがあり、たくさんの映画が用意されていた。

b0048976_3421377.jpg写真はサーモンのサラダ仕立ての前菜にメインの魚料理とステーキ。
ワインを飲んで、おとなしく眠ってしまった子供の横で映画を観ていると、5時間の大陸横断もあっという間だった。
[PR]
by koolseigo | 2005-10-04 03:06 | 旅行記録@NY
<< Sparks Steak Ho... Grand Canyon, A... >>