トップ

フリースタイル アット ニューヨーク - マンハッタンから生の現地情報をお届け!


どうもありがとうございました♪
by koolseigo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
21 Club : Modern American, Midtown West
b0048976_545095.jpg禁酒法時代に闇酒場として栄えた場所が、エリート大学の卒業生によって大人の社交場として生まれ変わった。
それがこの21Club。ミッドタウンは52丁目の5Av.と6Av.の間に位置します♪
重厚な調度品が歴史を感じさせる1階のバー、及びラウンジ、そして豊富なワインとモダンなアメリカン・キュイジーンを食すことのできる2階のダイニング・フロア。



ところでこのレストラン、入店にはジャケットとタイが必要。
ジョッキーの人形が飾られている(奉られている?)、重厚な雰囲気のエントランスをくぐる。
老紳士と若造のコンビが出迎える(若造のほうは少しスノービッシュな感じがしたなあ。ジロジロ見られたし。日本人が利用する機会は少ないのかなあ)。

今回はビジネス・ディナーだったので、相手が現れるまでラウンジで一杯。
ほどなくゲストがやってきた。
食事は1階かと思いきや、2階へ案内される。
フロアの半分ではレセプションでもやっているのか、賑やかな雰囲気。
一方で我々が食事をした半分のフロアは「ロマンティック」が止まりません(!!)
1階の重厚な、昔の酒場を思わせるイメージとは異なり、恋人同士が仲良くフレンチで食事するような感じ・・・
テーブルについて飲み物をオーダー。
ゲストはワインがとても好きなようで、じっくりと充実したワイン・リストを眺めながら正確にカリフォルニアの赤ワイン(ジョセフなんちゃらの2000年)をオーダー。
食事はアペタイザー、アントレー、デザートをチョイスして$65程度。
まずはフレッシュ・オイスターとクラムをウオッカライムのソースで戴く。
牡蠣も蛤も新鮮で甘くて旨~い。
そしてミディアム・レアでオーダーしたフィレミニヨンは季節の野菜とマッシュルームが添えられている。
ソースは肉の旨みを消さないように、控えめに添えてあった。
流石にテーブルを担当するスタッフ、そしてソムリエは完璧なまでのサービスを提供してくれた。
部屋のキャパシティに対してテーブルが少なめなので、いかがなものかと思ったけれど、随分快適に食事をすることができたのであります♪
とても大事な仕事の話で2時間30分はあっという間に過ぎ去ってしまいました!
でも仕事なら1階で、ちょっと飲みながらツマミ、というのでもいいかもしれません。
是非、気取らない程度に着飾って行きたいもんです。
特別な記念日に、大切な方といかがでしょうか~♪

Address : 21 West 52nd Street, New York, New York 10019
Phone : 1 (800) 721 CLUB / (212) 582 7200

ビジネス : ★★★★★
デート : ★★★★★
ファミリー :
[PR]
by koolseigo | 2005-06-30 10:01 | 飲食手記@NY
<< 夏の風物詩・・・ゲイ・パレードだ!! 11 Madison Park... >>